Tシャツの歴史

Tシャツ素材・快適な着心地

白や灰色、黒といった一色で統一された素のTシャツは芸術性、独自性に富んでいるとは言えません。にもかかわらず、世界的に普及して今ではもっとも一般的な服装として定着したのには理由があります。Tシャツに使われている生地「綿」は衣服に使用する条件をほぼ備えたマルチプルな素材であり、それでいて着心地や肌触りが良く、衣服の内側の熱で発生する汗を吸収して中の空気を循環させる通気性にも優れていることが挙げられます。



Tシャツ素材の加工技術の発達

無地のTシャツにデザインをプリントする技術は初めのうちはアメリカだけのものでしたが、Tシャツの普及に伴って世界的にもプリント技術の発展が見られ、第一次世界大戦が終わる頃にはいくつかのプリント技術が各国で確立されるようになりました。シルクスクリーン印刷が主流で、そこに光と熱による圧着や専用のインクによるつや出しの技術も充実していったとされています。家庭に一台インクジェットプリンターがあればパソコン上で作成したオリジナルデザインをそのままTシャツにプリントできるようになるなど、プリント技術の発展はめまぐしいものになっています。ただのTシャツではなくオリジナルTシャツとして活用できるようになったことでさらにTシャツとプリント技術の向上が見込まれたのです。

Valuable information

屋形船 品川

最終更新日:2017/7/14

Copyright(C)2008 オリジナルTシャツ普及委員会 All Rights Reserved.